血管を強くするには?サプリがおすすめ

血管の老化を防ぐ!血管を強くする方法

血管の老化が様々な健康リスクをはらみ、多くの合併症を引き起こす、ということはテレビや雑誌などの健康情報をチェックしている方ならご存じだと思います。血管の老化はそれそのものが自覚症状をもたらさないものの、多くの致死的な生活習慣病を強く引き寄せる誘因となるため、血管の健康を維持するような食生活を心がけなければなりません。では具体的にどのような方法をとればいいのでしょうか。

 

血管の老化は主に食生活によってもたらされるため、真っ先に気をつけるべきは食生活です。食生活に気をつけるということは、血管の老化を防ぐという予防的な効果と血管の健康状態を上向かせるという改善効果を兼ねるため、特に重要な要素です。

 

また、毎日の生活でコーヒーやお茶などの飲み物を飲む習慣をお持ちの方は多いと思います。飲み物も血管の健康に関連の深いもので、単純に水分を補給するという意味だけでも血管の健康維持には欠かせないものです。特に歳を取ってくると喉の渇きをどんどん自覚しづらくなっていくため、血液の水分量が不足して健康問題が起こりがちです。好きな飲み物を飲むことは重要な習慣となっていくでしょう。

 

最後に、血管の健康維持に必要な栄養素を食事から摂りきれなければ、サプリを活用して足りない分を補うことが重要です。余程食事中の栄養素を毎日細かくモニタリングしている人でもない限り、何かしらの栄養素が不足したりすることは避けられません。それが積み重なって血管の老化が起こるため、血管関連のサプリを飲むことは全員にお勧めしたい健康習慣です。

 

血管を強くする食べ物

 

血管を強く健康にする成分を含む食べ物は数多くあり、全部を覚えるのはなかなか難しいものです。しかし知っている食べ物が少ないと同じ食材を繰り返し食べることになり、血管にはよくても栄養が偏ってその他の健康に良くなかったりしますし、何より飽きて食事の楽しみが半減してしまいます。そこで、血管によい8種類の食品を簡単に覚えられる「オサカナスキヤネ」のキーワードで、8つの食品を上手に食事に取り込んでいきましょう。

 

オサカナスキヤネが示す食材は以下の通りです:
オ……お茶
サ……魚
カ……海藻
ナ……納豆
ス……酢
キ……きのこ
ヤ……野菜
ネ……ねぎ

 

この中で魚や納豆が血管によいということは多くの人がご存じと思いますが、きのこやねぎなどが意外と感じる人は多いのではないでしょうか。きのこのβグルカンは血中の中性脂肪・コレステロール・血糖値を減らし、ねぎは血栓形成予防に役立ちます。海藻や野菜全般も食物繊維が豊富なため脂質過剰対策に役立ち、どれも血管の健康に欠かせないものばかりです。これらを上手に組み合わせ、毎日の食事に少しずつ取り入れていくことが重要です。栄養を幅広く摂取するという観点ではできるだけ多くの食材を口にすることが推奨されますので、血管にいいからと毎日魚を食べ続けるのではなく、ローテーションで様々な食材から豊富な栄養素を摂取できるよう工夫してみましょう。また、脂の乗った牛・豚肉などを魚に置き換える、野菜を取り入れてご飯の量を減らすなどといった、血液によくない食材・栄養素を置き換えるアプローチも同時に行っていきましょう。

 

血管を強くする飲み物

 

私たちが嗜好品としている飲み物の中には、驚くほど血管への健康効果が高いものがあります。嗜好品まで健康効果で決めることはありませんが、もし特に執着なくただ喉を潤すために飲み物を飲んでいるならば、どうせなら血管の健康に役立つ飲み物を飲む習慣をつけてみるのはいかがでしょうか。

 

健康にいいと言われるお茶の中でも、そば茶は特に血管の健康に役立つお茶です。そばの実に含まれるルチンなどの働きにより、そば茶は多くの生活習慣病の予防・改善に効果があると言われています。特に高血圧・糖尿病・動脈硬化への効果がてきめんであり、つまり動脈硬化を予防することで血管の健康が保たれるわけです。他にも様々な効果がありますので、生活習慣がたるんでいると自覚する方にはおすすめです。

 

柿の葉茶も同じく生活習慣病への効果が期待できるお茶の一つで、柿の果実と同様の成分が柿の葉にも多く含まれることから、お茶にもその成分が抽出されます。特に渋み成分であるカキタンニンはダイエット効果や血圧低減作用があり、現代人に必要な健康成分の代表格としても扱われています。

 

さらにマイナーになりますが、田七花茶は血管に限らず健康に非常に効果の高いお茶です。田七人参という中国のみで取れる薬用人参の花を用いた漢方茶で、田七人参自体が希少であることから田七花茶もあまり出回っていませんが、最近では通販で購入できたりもします。

 

身近なところでは、コーヒーは様々なメリットのある健康飲料です。コーヒーというとカフェインの副作用ばかりが取りざたされ、実際にカフェインの過剰摂取は様々な問題を呼びますが、適量ならばBMIの減少や糖尿病の予防効果があることがはっきりしており、飲み続ければ血管にもよい効果があります。

 

血管を強くする薬

 

血管の老化・劣化はあまり自覚症状をもたらしませんが、重度になるとむくみや冷え性など血行障害による症状として表面化してきます。苦痛に感じるほどひどくなることもままあるため、そのような場合は薬を用いて速やかに血行障害を改善するという手法が取られることもあります。そんなときに用いる薬について紹介してみます。

 

まず、静脈還流障害の改善薬として日本で唯一認可を受けているのがアンチスタックスです。医薬品とは言いますが西洋ハーブの組み合わせによる生薬のようなものですから、薬に抵抗のある方でも安心して用いることができるでしょう。赤ブドウ葉乾燥エキスなどが血管を強化し血流を促進するため、特に足のむくみに対して即効性を発揮します。アンチスタックスは要指導医薬品に分類される市販薬で、処方箋はいりませんが薬剤師による対面での説明を聞いた上で購入が認められるものですので、通販での購入や薬剤師のいない店舗では購入できません。薬剤師のいる薬局やドラッグストアでお買い求めください。

 

アンチスタックスと並んで血管強化のための市販薬として用いられるのがトコフェロールE ナチュールです。名前からビタミンEが思い浮かんだという鋭い人もいるかもしれません。ビタミンEの別名であるトコフェロールが商品名に含まれていることからもわかるように、この薬の実態は高品質なビタミンE錠剤といったものです。吸収率のいい天然型ビタミンE(d-α-トコフェロール)に米ぬかなどに含まれるγ-オリザノールを加えたもので、末梢血行障害の緩和に加え更年期障害や月経不順にも改善効果が期待できます。こちらは第3類医薬品であるため、購入に当たって薬剤師の説明は必要なく通販でも購入が可能です。

 

血管を強くするサプリ

 

血管を強くする医薬品は、主に血管の劣化が高度になってしまい自覚症状が出るに至ってしまった人が、対症療法的なアプローチで用いるものです。まだそこまで悪くなってはいないが予防のために手を尽くしたい、という方はサプリの利用がお勧めです。血管を強くするサプリは需要が多いことから数え切れないほどの商品が販売されています。そこで、特におすすめな二つを紹介してみたいと思います。

 

まず、高品質な魚油サプリメントとして確かな評価を築いた「きなり」は第一におすすめしたいサプリメントです。きなりは魚油由来のオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)を単に配合するだけでなく、これらが参加しないようにクリルオイルで包んでさらにカプセル化したものです。オメガ3脂肪酸はきわめて酸化に弱く、酸化してしまうとその効果を失ってしまうため、酸化対策が重要です。一手間も二手間もかけて酸化対策を行ったきなりは、そうでないサプリと比べるとスペック以上の実感力の違いを感じられるはずです。

 

カゴメのリコピン コレステファインもトマト由来のリコピンが血管の健康に役立ちます。トマトのリコピンは悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やすことが従来より知られており、これを効率的に摂取できるのがリコピン コレステファインなのです。健康診断などでコレステロール値に不安を抱えている人には特にお勧めできるサプリメントです。成分は全てトマト由来で安全性も抜群です。